SUMIT.JP

IT Outsourcing Company

CentOS7をノートPCにインストールして使ってみた(継続中)

      2015/03/16

CentOS7

CentOS7をLenovo E450にインストールして使ってみています。
デスクトップとしては使いにくくなったきがします。


ユーザフロントエンドをMacOSに変えてからしばらく経ちますが、久しぶりに仮想マシン上ではないCentOSを使っています。

CentOS7を常用中です・・・

ここ1ヶ月ほど、CentOS7ををLenovo E450(英語キー/FHDモデル)にインストールして常用しています。
さすがにデスクトップ機としては使いにくいですねぇ。。。

と言うより、「バージョンが上がってきて使いにくくなってきた」と言ったほうがいいでしょうか。

非常に使いにくくなった、デスクトップ

Superキーが邪魔をする

Superキー(Windowsキー)を押すとワークスペースとアプリケーションランチャーとウィンドウがでるのですが・・・これが使いにくい。

日本語/英語切り替えにSuper+Spaceを使うのですが、ちょっとしいたタイミングで↑のウィンドウが出てきてしまうんです。 キーボードショートカットでオフにしようと思ったのですが・・・みあたらないし。。。

ワークスペースの数を変えても・・・・移動の数を変えられない

これまでワークスペースの移動は、ALT+F*(Xなしの仮想ターミナル移動と同じ、Macで言うとCTL+数字キー)で一発移動できたのです。 ワークスペースの数を変えても使えていたんですが、なぜかワークスペース4までしかできません。

これは超絶使いにいです。

日本語変換効率があまりに悪すぎ

日本語IMEがあまりにも頭が悪いのでちょっとした日本語テキストを入力するにも効率が至極悪い。

Mozcに入れ替えて少しはマシにはなりましたが、入れ替える手間を考えると使い勝手が悪いIMEは捨ててくれ!

CentOSとは関係ないけど

日本語キーボードモデルにCentOSを入れて使ってみたのですけど・・・あまりの使いにくさに閉口した。

Lenovoの日本語キーボードは使いづらくてくて

<>/のキーが小さいのは何故に?

Lenovoの日本語キーボード配列は、なぜだか<>/キーのサイズが小さくなっていましすし、Enterキーが無駄に大きいし、とっても打ちにくい。。。(誰が考えたんだか知らないけれど)

まあ、無理やり押し込んでしまったので仕方ないのかもしれませんが、ピッチが異なるキーボードは打ちにくいったらないです。 cdなどで、多用する/キーのピッチが違うので打ちにくいこと極まりない。

英語キーと()がずれて、_が右下にある・・・

()が英語キーと一つずれて配置されているのもダメです。

外国人が困っているのは_が右下にあって探しまくってましたよ。(日本語キーボード対策で、アンダースコアはディレクトリ名では使わないようにしてます)

UNIXコマンドは記号類多用するので、英語配列が打ちやすいと思うのです。

記号類を探すので、{}[]の並びとか”のいちちがいが効率を下げるのです。

オフィスドキュメントなら記号類はそれほどお呼びでないので、日本語キーボードでも平気なんですけど。
UNIX/Linux機で日本語配列キーボードはストレスが溜まってしまいます。

言い訳すると、私がPC触り始めた頃には日本語キーボードってあまりなかったし・・・、Sun3やSun4も日本語キーボードなんてなかったよ。 NeXTStationにもそんなオプションなかったし。

Lenovoも日本生産始めたようですけど、CTOで英語配列キーボード選べないので候補にも入りません。

 - いろいろ, 日記