SUMIT.JP

IT Outsourcing Company

Microsoft Azure 動的ゲートウェイと仮想ネットワーク間VPN接続

      2014/07/28

Microsoft Azure Multisite VPN

マルチサイトVPN接続を行うために、次は仮想ネットワーク間の接続をテストします。

これまでに、プライベートネットワークとAzureの仮想ネットワーク間の接続(動的ルーティング)をstrongswanを使って接続することが確認できました。

 

ネットワーク構成図

 

Azure 仮想ネットワーク構成

複数のリージョンで仮想ネットワークを構成します:

仮想ネットワーク構成

日本(西)

  • 仮想ネットワーク名:AzureDC-JPW1
  • アドレス空間:192.168.32.0/20
  • サブネット1:192.168.32.0/24
  • ゲートウェイネット:192.168.47.0/28

東南アジア

  • 仮想ネットワーク名:AzureDC-SEA1
  • アドレス空間:192.168.16.0/20
  • サブネット1:192.168.16.0/24
  • ゲートウェイネット:192.168.18.0/29

ローカルネットワーク構成

日本(西)

  • 名前:AzureDC-JPW
  • アドレス空間:192.168.32.0/20
  • VPNゲートウェイアドレス:Azure割り当てアドレス

東南アジア

  • 名前:AzureDC-SEA
  • アドレス空間:192.168.16.0/20
  • VPNゲートウェイアドレス:Azure割り当てアドレス

 

仮想ネットワーク:日本(西)ではローカルネットワークを東南アジアを指定します。

 

仮想ネットワーク:東南アジアではローカルネットワークを日本(西)を指定します。

 

この状態でダッシュボード(日本(西))を確認すると構成が確認できます。

しかし、VPN接続は確立していません。

 

VPN接続に必要な共有キー(PSK)が設定されていないためと思われます。

共有キーを設定しますが、コマンドラインツールが必要となりますので、Powershellコマンドラインツールをインストールします。

 

Powershell コマンドツールのセットアップ

 

まず、Powershellコマンドラインツールをダウンロードセンターからダウンロードします。

http://azure.microsoft.com/en-us/downloads/?fb=ja-jp

 

インストールを行います。

 

 

 

Windows Azure PowerShellを使います。

例えばWindows8.1では次の図のように見えるとおもいます。

クリックするとPowerShellコマンドウィンドウが開きます。

サブスクリプションと共有キーの設定

サブスクリプションファイルのダウンロード

まず、サブスクリプション情報を設定する必要があります、下記のコマンドを実行するとWebブラウザーが開きサブスクリプションファイルのダウンロードが始まります。

PS C:\> Get-AzurePublishSettingFile

 

xxxx-m-d-yyyy-credentials.pulishsettingsのファイルダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルをPowershellコマンドラインでインポートします。

サブスクリプションファイルのインポートと確認

PS C:\> Import-AzurePublishSettingsFile “C:\Azure\6-21-2014-credentials.pulishsettings”

(ダウンロードしたパスとファイル名を設定)

PS C:\> Get-AzureSubscription

サブスクリプション情報を確認するコマンドです。

 

共有キーを設定

 

PS C:\> Set-AzureVNetGatewayKey -VNetName AzureDC-JPW1 -LocalNetworkSiteName AzureDC-SEA –SharedKey ***************

PS C:\> Set-AzureVNetGatewayKey -VNetName AzureDC-SEA1 -LocalNetworkSiteName AzureDC-JPW –SharedKey ***************

 

 

共有キーを設定した後にしばらくすると仮想ネットワーク間のVPN接続が完了します。

 

 

参考資料

マイクロソフト社ドキュメント:Configure a VNet to Vnet Connection

 - Microsoft Azure